葬儀は誰のために?

   

私が葬儀業界に入ってはや30年の歳月が…

ここ最近では事前相談に来られる人々から残される子供たちに負担を掛けたくないと言う内容のお話をよく聞きます。

手塩にかけて育てた子供たちに気を使わなくてはならない時代なんでしょうが…

本日は月曜日にお亡くなりになられた方のお通夜があります。

火葬場が混み合ってた訳でもなく

お孫さんたちの仕事の都合と言ったところでしょうか…

海外から帰って来られる方のフライトスケジュールの関係で日延べする事は珍しくありませんが。

ひとりひとりのわがままを聴いてたら前に進まないのが葬儀!

もう少し

故人さまの事を想っていただけないかな!

わたくし峯石はおもうことが多いです。

わたし達葬儀社が故人さまにして差し上げることはそう多くはありませんがしっかり故人さまを想ってお仕事させていただいております。

さて

今夜は何時に通夜のお勤めをさせていただけるのでしょうか?

 

 お問い合わせはこちら

 - スタッフブログ